安元洋貴×前野智昭の面白さを紹介

声優と夜あそび2021【月曜日】

声優と夜あそび感想

ザ・セッションfrom声優と夜あそび#5【最終回】のゲストは鈴村健一

更新日:

森久保祥太郎さんがアーティスト活動20周年を迎えた記念に、声優と夜あそびとコラボ企画で始まった『ザ・セッション』は今回で最終回となった。

これまでのゲストは、谷山紀章さん、畠中祐さん、影山ヒロノブさん、豊永利行さん。最終回には、鈴村健一さんを迎える。

ザ・セッションは、いい意味で声優と夜あそびらしさを感じさせない"良質な音楽&トーク番組"となっている。

ウルトラ寿司ファイターとドリフオマージュ

ドリフ大爆笑のオープニングをオマージュした演出で始まる。

演奏を担当しているウルトラ寿司ファイターのボーカルの2人が金のポンポンを持ち動いていたことで、曲が終わると同時に「最後にやりやがったな!」と森久保さんに突っ込まれる。

このオマージュ、鈴村さんは気に入った模様。一方、森久保さんとしては"スズケンサンバ"がやりたかったとのこと。森久保さんは「オーレオレしたかったの」と可愛らしい発言。

ウルトラ寿司ファイターの2人が楽しそうにポンポンを振っていた。

鈴村健一は、なぜ作詞するようになったのか

なぜ作詞をするようになったのかなど、レーベルメイトでもある森久保さんが掘り下げていく。

デビュー曲intentionの冒頭の譜割について触れる。

作詞を添削してくれた方に「長年(作詞)やってきた人は絶対しないし、アタマでする人はいない」と言われたそうだ。

森久保さんは、それを"鈴村譜割"と称していた。また、このような独特な譜割を「スズかミスチルかって感じ」と言っていた。

ミスチルの影響は大きい?

冒頭から使う独特の譜割で、その時に聴いていたアーティストの影響はないの?と訊かれ「ばりばりミスチルだったね」と笑いながら答えていた鈴村さん。

さすが、付き合いが長いだけあってよく分かってるなーと思った。

ちょっと気になったので、鈴村さんのintentionとミスチルの曲をランダムに選んで聴いてみた。確かに、歌い始めにギュッと歌詞が詰まっているものがあった。(Hanabi、名もなき詩など)

喉に良い「くっさい」ものとは

ある時に「すっっごい進化を感じた」という森久保さん。

歌の安定感や声の伸び、表現力などに進化を感じていたそうだ。何かキッカケはあったのかを掘り下げていく。

ライブ、ボイストレーニング、おそ松さん(イヤミ役)など複合的なキッカケだったと鈴村さん。

その中でも面白かったエピソードが、大根の搾り汁の話。森久保さんは「くっさい、くっさい」と連呼。

大根おろしに、レモン汁とはちみつを加えたものを飲むらしい。声が枯れた時、直ぐに効くんだとか。

歌で声を枯らしていた頃、その"くっさい"ものをライブ前の楽屋で飲んでいたんだとか。

楽屋中にその臭いを漂わせ「何この臭い?」となっていたらしい。

顔をしかめて「くっっせぇんだ」と、さらに強調していた森久保さんだった。

「くっっさい、くっっさい」を容赦なく連呼する森久保さん。顔をしかめる表情からも、よほど臭かったことが窺えた。

食べていた本人である鈴村さんも「くっさいやつ」と言っていたのは笑えた。喉のために我慢してたのだろう。

「オススメよ、くっさいけど」と森久保さんが言っていたということは、試したことがあるのか?

あなたへのオススメ

1

声優と夜あそび2021の月曜が始まったのは、2021年4月12日。 あれから43回を経て、安元さんと前野さんとの距離がグンと縮まった1年になったと思う。 「前野でよかった。本当によかった。」 前野さん ...

-声優と夜あそび感想
-, ,

Copyright© 声優と夜あそび2021【月曜日】 , 2022 All Rights Reserved.